びまん性脱毛症について

びまん性脱毛症は、広範囲に渡って(びまん性)脱毛が起こっている脱毛症のことです。びまん性脱毛症は、別名を「女性型脱毛症」というように女性に多く見られます。男性型脱毛症が額・頭頂部を中心に発生するのにたいして、びまん性脱毛症は頭全体に発生します。

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症では、その名の通り頭の全体に、広範囲に渡って脱毛が発生します。びまん性脱毛症での脱毛は頭が禿げ上がるほどではなく、髪の毛のボリュームが減少して薄くなるのが特徴です。

禿げになるほどの脱毛ではないものの、髪のボリュームが無くなり髪型の厚みがなくなってしまいます。脱毛した後の毛根からは産毛のような細い毛が生えてくる為、髪が伸びても薄さをカバーしきれなくなるのが特徴ともいえます。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症は、様々な原因によって発生する女性固有の脱毛症の総称と言えます。そのため、発症原因は多岐にわたります。びまん性脱毛症の中で最も多い原因といえるのが、加齢による老化現象です。

老化は誰にも避けることが出来ないもので、老化現象として起こる脱毛もまた、完全に防ぐことが出来ません。老化現象以外の原因としては、過度のダイエットや生理不順、経口避妊薬の多用によるホルモンバランスの乱れ、ヘアケアのしすぎなどがあります。

ダイエットで体重を減らすことは、女性にとって重要な美容法であるといえますが、食事のバランスや適正体重を無視してまで行われることがあり身体に変調をきたすことも少なくありません。生理不順は、卵巣で分泌される女性ホルモンの減少を招き髪の毛の健康を損なう恐れがあります。

経口避妊薬は、女性ホルモンの一種であるプロゲステロンを含んでいる為、常用するとホルモンバランスの乱れの原因になるのです。シャンプーや整髪料などによるヘアケアは、直接頭皮や毛髪に影響するため過度のヘアケアを行うと、脱毛症の原因になってしまうのです。

びまん性脱毛症の対策と治療

びまん性脱毛症は、女性ならではの生活に発症原因が潜在していると言えます。そのため対策としては「何事もやり過ぎないようにする」ことであるといえます。これには過度のダイエットやヘアケアなどが該当します。

特に過度のダイエットは生理不順の原因になりやすく、食事のバランスの偏りは髪の毛が必要としている栄養を不足させてしまうのです。シャンプーやヘアケアのしすぎは、頭皮や毛根の状態を悪化させ脱毛を促進させてしまいます。

びまん性脱毛症の治療に当たっては、予防対策をしっかりと行いタンパク質やビタミンB群などの発毛に必要な栄養分を摂取するといった生活改善による治療が重視されます。

また頭皮の状態や毛髪の太さなどを検討して、育毛剤の投与を行っていく場合もあります。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (5投票, 平均値/最大値: 3.80/5)