ひこう性脱毛症とは

ひこう性脱毛症は、頭のフケが毛穴に溜まって目詰まりを起こして雑菌が繁殖することで起こる炎症を原因として起こる脱毛症です。ひこう性脱毛症は脂漏性脱毛症と同じ過程を経て発生する脱毛症ですが、要因が違うのが特徴です。

ひこう性脱毛症の原因

ひこう性脱毛症は、頭皮の垢であるフケが毛穴に溜まることを原因として発生します。フケなどの垢は、細胞の新生に伴う代謝現象によって発生する老廃物であるため出ないようにすることは難しいといえます。

フケは入浴時に頭を洗うことで大半が洗い流されていますが、逆に言えば頭を洗わないことでフケが頭皮に残ってしまうのです。ひこう性脱毛症の発症は、アレルギー疾患に関連しているとも言われ花粉症などのアレルギーを持っている人は注意する必要があります。

また、ひこう性脱毛症は男性だけでなく女性にも起こる性質があるため、注意が必要です。

ひこう性脱毛症の症状

ひこう性脱毛症は、脂漏性脱毛症と同じく目詰まりした毛穴の中で雑菌が繁殖して毛根や頭皮に炎症を起こすのが主な症状です。ただ、脂漏性脱毛症と違うのは「フケの量が発症に必ず結びつくわけではない」ということです。

フケが出る量が多くても、通常は白い粉状になって剥がれ落ちるものです。ひこう性脱毛症の場合は、剥がれたフケがかさぶた状になって毛穴を塞いだ状態になっているのです。

ただし、多量にフケが出る場合は頭皮の角質に何らかの異常がある可能性が高いので、皮膚科で診てもらう必要があります。

ひこう性脱毛症への対策

ひこう性脱毛症を予防するためには、原因となっているフケを取り除くことが大事といえます。しかし、フケを除去してひこう性脱毛症を予防する目的で頭を洗いすぎると逆効果になってしまいます。

フケには湿性と乾性の二種類があり、頭を洗いすぎると水分を保持する為の頭皮の皮脂が不足して乾性のフケが出やすくなるのです。

また、かさぶた状のフケを除去しようとして頭を掻き毟ることも、炎症を悪化させる恐れがあります。頭を洗う際に使うシャンプーは天然成分を使用した低刺激のものを選び、洗う回数も多くても1日2回程度に抑えるようにしましょう。

ひこう性脱毛症の治療

ひこう性脱毛症の治療では、食事や生活改善による自然治癒を狙った治療法が行なわれます。

しかし、効果が出るまでに時間が掛かるためステロイド系の外用薬を処方する薬剤療法を行なう場合があります。炎症から来る痛みや痒みは抗ヒスタミン系の軟膏を塗布して抑制していきます。

食事面からの治療では、血行を促進し発毛を助けるビタミンB群を多く含む食品やサプリメントの摂取を行ないます。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (7投票, 平均値/最大値: 3.57/5)