若年性脱毛症について

若年性脱毛症は、20~30代の若い世代の男性に見られる男性型脱毛症の一種です。人によっては10代の内から始まることがあり、若ハゲの原因となります。どのような原因によって若年性脱毛症は発生するのでしょうか。

男性型脱毛症とは?

男性型脱毛症(AGA)は、壮年期に入った男性に見られる脱毛・生え際の後退などのいわゆる「禿げ上がってきた」状態のことを言います。

男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンから合成される5αジヒドロテストステロンという発毛の抑制作用があるホルモンを原因として発症します。

5αジヒドロテストステロンが作用した毛根は、太い髪の毛を作れなくなり、細い産毛を発毛させるようになります。男性型脱毛症は病気ではなく老化現象であるため、完全に治療することが難しいのが最大の特徴といえます。

若年性脱毛症の原因

若年性脱毛症の発症原因も、男性型脱毛症と同じく5αジヒドロテストステロンの作用によるものです。

ただし老化現象として起こる男性型脱毛症とは違い、若年性脱毛症は何らかの原因によってホルモンバランスが崩れたことによって発生していることが多く、治療次第では回復させることが可能です。

一説には、フケや角質で髪の毛穴が目詰まりすることが原因になるとも言われています。

ホルモンバランスの乱れの原因となるのは、不規則な生活習慣やストレスの蓄積などが挙げられます。若年性脱毛症の対象となる若者層は、生活時間の深夜化や受験や就職難などのストレス源に晒されていることが多く、発症者が多くなってきているといえます。

また、栄養バランスの偏りも原因となっていて、ファーストフードやインスタント食品などによる食生活の乱れも大きな要因となっているようです。

若年性脱毛症の症状

若年性脱毛症の症状の現れ方は幾つかの種類に分類されます。おでこの生え際が後退していくケース、頭頂部のつむじから薄くなっていくケース、おでことつむじの複合型などがあります。

若年性脱毛症を発症したとしても、どのような形で症状が現れるかは遺伝や環境に左右されることが多いようです。若年性脱毛症は、症状の進行が緩やかで完全に脱毛してつるつるな禿頭になることは少ないのが特徴です。

若年性脱毛症の治療

若年性脱毛症の治療は、頭皮の毛根に送られる男性ホルモンを抑制して発毛を促す薬剤を投与する方法が主流です。特にミノキシジル配合の育毛剤が高い効果を示すため人気を集めています。

しかし、ミノキシジルには幾つかの副作用があり使用を中断すると脱毛症が再発してしまうという弱点を抱えています。また生活習慣の改善でホルモンバランスを修整したり、温熱療法で頭部の血行を促進したりなどの方法でも効果を得ることが出来ます。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (7投票, 平均値/最大値: 4.43/5)