脂漏性脱毛症について

脂漏性脱毛症は、皮脂が原因となって起こる脱毛症で脂性の肌を持つ人に多く見られます。どのような仕組みによって発症するのか、どのように対処すればよいのかなどの脂漏性脱毛症についての情報を紹介していきます。

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症は、毛穴にある皮脂腺から分泌される皮脂が原因となって起こります。分泌される皮脂の量が多いと、毛穴自体が皮脂で目詰まりを起こしてしまいます。

目詰まりを起こした毛穴は内部に進入していた雑菌が繁殖しやすい状態になる為、頭皮や毛根の炎症を引き起こす原因となります。この頭皮や毛根の炎症が原因となって抜け毛が発生してしまうのが脂漏性脱毛症なのです。

脂漏性脱毛症の症状

脂漏性脱毛症は、抜け毛だけでなく脂漏性皮膚炎を併発しやすいという症状を持っています。脂漏性皮膚炎は、皮脂に含まれている中性脂肪がマラセチア真菌によって分解されて出来る遊離脂肪酸が皮膚を刺激してかぶれさせる皮膚炎の一種です。

脂漏性皮膚炎の原因でもあるマラセチア真菌は、脂漏性脱毛症にもなんらかの影響を与えているのではないかと考えられています。

マラセチア真菌による脂漏性皮膚炎は、身体の抵抗力が落ちている時に発症しやすくなる性質があります。脂性の人は、体調を崩すと脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症を起こす恐れがあるので充分に注意しなければなりません。

脂漏性脱毛症への対策

脂漏性脱毛症は、簡単に言えば皮脂汚れによって発症する脱毛症であるといえます。つまり、頭皮の皮脂を除去して清潔に保つことを意識すれば抜け毛を抑制することが出来るのです。

頭皮の皮脂の除去は、アミノ酸配合またはオイリー系のシャンプーを使って洗浄するのが有効です。出来れば、毎日頭を洗うようにして頭皮の皮脂をコントロールしていくようにします。

シャンプーする時は、お湯や蒸しタオルで頭皮を温めて皮脂を取り除きやすくしましょう。シャンプー以外では、香辛料などの刺激物を取りすぎないように食生活に注意し、枕カバーを毎日洗濯するか交換して頭皮を労わるようにします。

脂漏性脱毛症の治療

脂漏性脱毛症は、頭皮が皮脂の蓄積によって脱毛しやすい状態になっているということです。つまり皮脂のコントロールと同時に、生活習慣の見直しなどで脱毛症を抑制していかなければならないのです。

基本的には、頭皮を清潔に保つことと並行して髪の毛の発毛を促すビタミンB群の摂取を行なうこと、抜け毛の原因となるストレスを溜めすぎないことなどが大事です。

場合によっては脂漏性皮膚炎の原因となるマラセチア真菌を取り除く抗菌剤の処方が行われることもあります。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (8投票, 平均値/最大値: 3.13/5)