産後に起こる脱毛症について

女性は、男性に比べて抜け毛に悩む機会が限定されているといえます。そんな数少ない、女性が抜け毛に悩む機会の一つが出産後なのです。出産後に起こる脱毛症を、「産後脱毛症」または「分娩後脱毛症」といいます。

産後の脱毛症の原因

産後に起こる脱毛症は、ホルモンバランスの変調が大きな原因となっていると言えます。女性が子供を妊娠・出産するということは出産した時点で終わりというわけではなく、子供をある程度の月齢まで育てることでもあります。

そのため、妊娠中と出産後では身体に求められる働きは大きく違うものになります。妊娠中と出産後の身体の働きをコントロールしているのが体内で生成される女性ホルモンなのです。

妊娠時のホルモンの変化

妊娠の際には、排卵を促進し子宮内膜に厚みを持たせて妊娠に適した身体を作る黄体ホルモンが多量に分泌されます。そして妊娠中期ごろからは女性ホルモンであるエストロゲンが多量に分泌されます。妊娠中は、エストロゲンの作用によって発毛サイクルの成長期が通常よりも長くなります。

しかし、出産するとエストロゲンを多量に分泌する働きが停止して、母乳を分泌させるプロラクチンなどのホルモンの分泌が増大していきます。このエストロゲンの分泌量の変化が、産後脱毛症の大きな原因となっていくのです。

エストロゲンの減少は、発毛サイクルに影響を及ぼし成長期にあった毛根を、退行期から休止期へと急速に移行させてしまいます。休止期に入った毛根は抜け毛を起こし産後脱毛症を発症させるのです。

産後脱毛症の問題

産後脱毛症は、妊娠・出産に関連するホルモンバランスの乱れが原因となっています。このホルモンバランスの乱れは、妊娠していない時であれば食品や投薬で改善できますが妊娠中や出産後は、母体を通じた子供への影響が大きいため食事や投薬に制限が掛けられることが一般的です。

産後脱毛症に関わっている女性ホルモンは人体で生成されるとはいえ、子供への影響が無いわけではない為慎重な対処が必要といえます。

産後脱毛症の治療

妊娠・出産の影響で起こる産後脱毛症は、産後1年ほどで自然に回復していきます。しかし、出産後は人前に出る機会も増えていくので出来るだけ早く治したいというのが本音といえます。

産後脱毛症の治療では、髪の毛に必要な栄養分の摂取と女性ホルモンの外部補給を行って自然回復を促す方法が一般的です。特に大事なのは、髪の主成分であるタンパク質と髪に張りを与えるカルシウム、発毛を促すビタミンB2、B6などのビタミンB群の摂取です。

女性ホルモン様物質であるイソフラボンと、植物性タンパク質をはじめとする豊富な栄養分を効率よく摂取できる大豆製品をメニューに加えるなどの対処が重要です。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (4投票, 平均値/最大値: 4.75/5)