壮年性脱毛症について

多くの男性は加齢とともに抜け毛が増えていき、髪が薄くなる性質を持っているといえます。このような、30代以上の壮年期のから始まる抜け毛の増加による脱毛症を「壮年性脱毛症」または「男性型脱毛症」といいます。どのようにして壮年性脱毛症が発生しているのでしょうか。

壮年性脱毛症の原因

壮年性脱毛症は、男性的な身体を作る男性ホルモンのテストステロンが原因になります。テストステロンが毛根に栄養を送り髪の毛を作っている毛母細胞や、毛穴の皮脂腺から分泌されている5αリダクターゼという酵素と結合すると、5αジヒドロテストステロンというホルモンへと変化します。

この5αジヒドロテストステロンは、毛母細胞に作用して発毛を抑制する効果を発揮します。つまり、5αジヒドロテストステロンの影響を受けた毛根は発毛サイクルを乱されてしまい、抜け毛が増えて髪の毛が生えにくくなるのです。

女性に壮年性脱毛症はあるのか?

壮年性脱毛症は、別名を「男性型脱毛症」というだけあって男性に多く見られる脱毛症といえます。しかし、女性には壮年性脱毛症が全く起こらないというわけではありません。

女性の身体にも、男性ホルモンのテストステロンが存在していて様々な部位で作用しているからです。女性の壮年性脱毛症は、男性のように禿げ上がるものではなく抜け毛と髪が細くなることで髪全体の厚みが薄くなってしまうという症状を見せます。

女性の壮年性脱毛症の場合は、女性用かつらや付け毛などで薄くなった部位の見た目をカバーするのが一般的なため、男性よりも目立たないことがほとんどです。

壮年性脱毛症の特徴

男性の壮年性脱毛症の場合、「額の生え際が後退する」「頭頂部から薄くなっていく」「額・頭頂部が同時に薄くなって合流する」といった特徴ある禿げ方が見られます。

このような壮年性脱毛症による禿げ方は、遺伝などの個人差の影響が大きいといえます。人によっては壮年に入っても髪の量に変化がなく、壮年性脱毛症が見られないこともあります。

壮年性脱毛症の治療と対策

壮年性脱毛症の対策として一般的に行われている育毛は、薄くなった髪の毛を元の太くてコシのある髪の毛に戻すことを目的にしています。しかし、育毛で使用されるミノキシジルなどの育毛剤には確かに効果はあるものの、使用を中止すると育毛する前に戻ってしまうという弱点があります。

壮年性脱毛症の治療では、後頭部や側頭部から毛根を移す自毛移植などが注目されています。現在治療の主流になっているのは、5αジヒドロテストステロンの発生を抑制する薬剤の投与を行う薬剤療法などがあります。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (9投票, 平均値/最大値: 2.78/5)