抜け毛についてのQ&A

抜け毛をはじめとする髪の毛に関する事項には、様々な俗説や迷信が付いて回ります。そのため、髪には良くないことを良いものとする民間療法を自己流で行なって抜け毛を増やしてしまうことも少なくありません。ここでは、抜け毛に関する疑問などを解説していきます。

海藻は髪を増やす?

俗に「昆布やワカメなどの海藻は髪に良い」といわれています。これは嘘ではなく、海藻の摂取は髪の毛の発育に効果があります。

海藻類に含まれているヨウ素は、身体の代謝を活発にする甲状腺ホルモンの材料として体内で使われ、細胞の新生に大きく関わるミネラル分です。

つまり、海藻の摂取は髪や身体の健康の維持に重要な役割を果たすのです。しかし、ヨウ素の過剰摂取は逆に抜け毛の原因となるので注意する必要があります。

帽子は抜け毛の原因?

「帽子やヘルメットは抜け毛の原因」といわれていますが、実際には帽子やヘルメットそのものではなく帽子やヘルメットで外界と遮られた頭皮周辺の温度と湿度の上昇が抜け毛の原因となります。

一定の通気性が保たれている帽子ならばまだしも、強度の関係で通気孔を開けられないヘルメットの場合は頭皮に与える影響が大きくなってしまいます。ヘルメットを被らなければならない時は、休憩時間などの際に脱いで風通しを良くするようにします。

一日当たり抜け毛の本数

髪を指で解いた際に抜け毛を確認すると、抜け毛が増えたような錯覚に襲われるものです。抜け毛はどんなに若くて健康な人にも必ず起こるもので、平均すると一日に50本程度の抜け毛が発生するといわれています。

更に個人差を加味すると、一日あたり50~100本の抜け毛が自然発生すると見られています。つまり、抜け毛が多くなっていても誤差の範囲内に収まる可能性があるのです。

髪型で抜け毛が増える?

髪の毛をセットして特定の髪型を作ることは、一つの楽しみといえます。しかし、髪のセットをしすぎることが抜け毛に繋がる場合があるのです。

特に、分け目をつけることは髪の毛の生える方向に逆らうことと同じで、毛根に強い負担を掛けているのです。また、分け目をつける時の髪のセットの際に使うドライヤーの熱風は、頭皮を乾燥させてしまうことにも繋がるのでドライヤーを使う際は頭から離して使いましょう。

薄毛は遺伝する?

親からの遺伝には、外見や性格などの個性に関わる部分に加えてガンなどの病気の発病傾向などが含まれています。薄毛もそういった親からの遺伝に影響される要素の一つといえます。

薄毛の遺伝因子は父親側から受け継がれる性質を持っていて、父親と母親それぞれの父親の髪の毛の傾向が薄い場合は80%程度の確立で薄毛になるようです。

この記事はお役に立てましたか?
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (3投票, 平均値/最大値: 5.00/5)